休業要請応じぬパチンコ店 兵庫県もきょう公表

 兵庫県は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県の休業要請に応じないパチンコ店名の公表に踏み切る。新型コロナの特別措置法に基づき、大阪府に続く対応となる。27日正午に最終確認を行い、営業を続けている店舗があれば、ホームページなどで施設名を公表する。

【写真】動物の口を模した布マスクが評判 「暗い世の中を元気に」

県は15日から特措法に基づき、遊興施設などに営業の自粛を求めているが、パチンコ店を中心に営業継続の通報が寄せられているという。

営業を続けるパチンコ店に対しては、県遊技業協同組合と協力して働き掛け、22日には知事名の文書で自粛を要請。それでも25日時点で県内391店のうち、神戸・阪神間を中心に18店(2店は27日から休業の意向)が継続している。

県は25日、18店に職員を派遣して事前通知文書を手渡し、改めて休業を求めた。27日正午にも店舗に赴き、営業が確認できれば、特措法45条に基づき施設の使用休止を要請し、ホームページに施設名を公表する。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00000001-kobenext-soci

何も見つかりませんでした。

大阪に次ぎ、兵庫県でも休業していないパチンコ店の公表に踏み切ったようです。