北朝鮮キム委員長の重篤説に 韓国「生きていて健康だ」

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が重篤な状態になっているという情報があると、アメリカのメディアが伝えたことに関連し、韓国ではムン・ジェイン(文在寅)大統領の補佐官が「キム委員長は、生きていて健康だ」と述べるなど、引き続き慎重な見方が出ています。

北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長をめぐっては、2週間にわたって動静が伝えられないなか、アメリカのCNNテレビが重篤になっているという情報があると報じるなど、その健康状態に関心が集まっています。

これに関連して、ムン・ジェイン大統領に外交や安全保障の助言を行っているムン・ジョンイン(文正仁)特別補佐官は26日、アメリカのFOXニュースに対し「キム委員長は、生きていて健康だ。13日から東部のウォンサン(元山)に滞在している」と述べました。

また、韓国統一省も27日の記者会見で「北朝鮮の内部に特異な動きはないという立場に変わりはない」と繰り返しました。

さらに韓国のシンクタンク「セジョン(世宗)研究所」のチョン・ソンジャン(鄭成長)北朝鮮研究センター長は「キム委員長が重篤であるならば医療施設がぜい弱なウォンサンから、すぐピョンヤンに移送されていたはずだ。近いうちに公の場に姿を現すことが予想される」とする見解を示すなど、韓国では引き続き慎重な見方が出ています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200427/k10012407111000.html

何も見つかりませんでした。

重篤説、死亡説、健康説…一体どれが本当なのでしょうか?

ニュース

Posted by admin